男性と女性

高待遇の仕事がやりたいならヘッドハンティングされよう

キャリアをどう活かすか

文房具

出版物以外の道は

編集と言えば、書籍や雑誌といった出版物の制作に携わる仕事というのが常識ですが、特に資格が必要なわけではなく、言ってみれば自身の才覚でいくらでも道を切り開くことが可能な職業です。ただし、紙の編集一本でやっていくのは、出版業界の現状を考えると難しいかもしれません。編集というキャリアは、ある意味で、他業界への転職といった点では不向きですが、コンテンツを分かりやすく伝えること、という仕事内容は、スキルさえ身についていればいろいろな表現媒体で求められています。たとえば、出版業界でも紙からWebに活路を見出す企業が増えていますが、そうしたWebページのコンテンツを組み上げていく際に、編集スキルが大きくものを言うことになります。

クリエイティブという前提

編集関係の転職を考えるのに、まずはっきりさせておかなければならないのは、編集とはクリエイティブな仕事であるということであり、それは一般の仕事と呼ばれるものと比べると、特殊な部類に入る、ということです。ゆえに、もっとも現実的な転職方法として挙げられるのは、それまでの人脈を最大限利用することです。それまで積み上げてきたスキルが高いものであれば、その編集スキルを活かしたいと考える会社は少なくありません。それ以外の方法としては、転職サイトを利用するというのがありますが、その際には、クリエイティブ系に強いサイトを探すことが重要になります。また、情報発信という意味では、SNSを利用することで、オファーに結びつくといった方法もあります。